FC2ブログ

透明人間になりたい



Recent entries
2014/07/26 (Sat) ステルス野郎
2014/05/01 (Thu) Yah!透明人間2
2013/08/24 (Sat) 何かいるっ!!!

透明人間関連作品一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


僕には、透明人間になる力がある。

2chの「もてない男性板」のスレッド「喪にも奇妙な物語」に掲載されていた
透明人間になれる男の話です。

http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1143419282/l50

過去ログ倉庫にあって、現在は見れないので、掲載させていただきます。

子どもの頃、駄菓子屋で万引きをしてしまい、見つかって逃げ出した時の事だった。
「捕まっちゃう。」そう思った瞬間だった。僕は心の中で「消えてなくなれ。」そう願っていた。
そんな時だった。突然目の前がぱあっと白くなった。
走って逃げている僕の姿が店並のショーウインドウに映っているのだが、何かおかしい。
足が映ってないのである。あれ?と思った瞬間、僕の姿は消えた。
もちろん服を着ているので、服だけが映っている。
何がなんだか分からなくて近くの洋服屋に逃げ込んだ。
どうしたらこうなったのか分からない。もちろん、どうすれば元に戻るのかも。
取りあえず僕は、服を脱いであまり人気のない路地を選んで液へ向かった。
もちろん、いつ元に戻るか分からないので、脱いだ服を持って。
幸い人通りは少なく、誰にも出会わず駅付近に着いた。
駅のトイレに入り、気を落ち着かせた。胸がドキドキしている。
当たり前だ、初めての経験だから。
深呼吸してみる。
トイレのアンモニア臭が鼻につく。
その時だった。徐々に身体が元に戻り始めた。
数分で完全に僕の身体が浮かび上がった。
後から分かった事だが、どうやら二酸化炭素が関係しているらしい。
逃げて走った僕の口から大量に二酸化炭素が放出され、僕の身体を取り巻いた。
二酸化炭素に包まれた僕の身体は光の反射で、見えなくなるという訳だ。
どうして僕の身体だけがそうなるのかは分からないが、体質の問題なのかもしれない。
とにかく僕は、偶然にもすばらしい力を手に入れた。小学5年生の時である。
あれから20年。今もその力を時々利用する。
もちろん使うのは気になる女性に対してである。
昨晩も力を利用した。昨日の晩、11時頃最近お気に入りの職場の女の子しのぶからメールが入る。
「これから彼氏がくるんだよ。いいでしょ?明日の昼頃まで遊ぶんだよ。」という内容。
しのぶは20歳。時間は11時。
当然、こんな時間の遊び方・・・どういう遊びなのか気になって、僕は力を使う事にした。
彼女の家の近くまで車で移動。そこから全力で疾走。こころの中で「消えろ!」と念じる。
次第に目の前が白くなり、僕の身体は消えてなくなる。寒かったが服を脱いで隠す。
 
どうやら、あの部屋がしのぶの部屋らしい。僕は玄関を開けた。
もちろん、お客が来ているので鍵はかかっていない。そっと2階へ上がる。
部屋のドアは閉じられているので、隣の部屋から屋根づたいにしのぶの部屋を覗く。
2人でテレビを観ている。やがて彼氏」が部屋から出ていく。
トイレだろう。チャンスだと思い、部屋の入口で待って、彼氏が部屋に入ったのと同時に僕も侵入する。
それから30分。2人はテレビをつけたまま、キスをし始めた。
彼氏が待ちきれなかったように、少し強引に唇を重ねた。
「ダメだよ、今日は。親がいるから聞こえちゃう。」としのぶ。
しかし彼氏は止めることなく、しのぶの顔中にキスの嵐。
次第にしのぶもあきらめモードに。やがて彼の手がしのぶの胸を揉みだした。
さすがにしのぶも声を出してしまう。「ダメっ!」とは言うが抵抗はしていない。
意外にないBカップの胸が揉みしだかれている。
(依然、職場旅行の時、しのぶの下着を盗み確認済みなのだ)
僕は我慢できず、そっと反対側の胸を揉んだ。初めてしのぶの胸に触った。
しかもノーブラで、乳首の立っているのが分かる。彼が服をたくし上げ、しのぶの胸が露出された。
やわらかそうな膨らみにピンクの尖った乳首。
彼は迷うことなく、吸い上げた。僕もやりたかったが、もう一方の乳首も彼が指で摘んでいるので、
可愛い乳首を刺激できない。しかたなく、僕はしのぶの感じている表情を楽しむことにした。
声をだせずに我慢しつつ、感じているしのぶの表情は、もちろん今までに見たことのない表情だ。
それだけで僕はいってしまいそうになる。
次に彼は自分も服を脱ぎ、トランクス1枚に。しのぶもジーンズを脱がされて、下着1枚に。
その下着はまた僕の好きなグレー。ピチッとお尻に貼りついている。
彼は立ったまま、しのぶを抱いた。やがてしのぶの手を取り、自分の股間を触らせる。
くそっ!正直、お気に入りのしのぶのそんな事させるなんて腹が立ったが、つきあってるのだからしょうがない。
トランクスの上からしのぶが肉棒をさする音が聞こえる。僕はその間にしのぶの後ろに立って、
僕の肉棒をしのぶのお尻に押しつけた。そっと背後からしのぶを抱いて。
彼氏との行為に一生懸命で、気付かないらしい。さするたびに揺れるお尻の感触が堪らず、僕は果ててしまった。
一瞬、彼女が気付いた様子だったが、所詮姿は見えない。
すばやく離れて、彼女の下着を汚すこともなく、僕の精液はカーペットに染み込んだ。 しのぶと彼氏は、依然僕の存在に気付くことなく、抱き合っていた。彼がしのぶをベッドに倒す。
「ダメっ。」しのぶの声が小さく漏れたが、彼にはもはや聞こえていないらしい。
転がったしのぶの肢体、僕は脇からそっと乳首を摘む。声が漏れた。
明らかに僕が乳首を刺激したからだ。ピンクにそり立つ乳首を、僕は何度も愛撫する。
やがて彼は自分の肉棒を取りだし、しのぶの顔に近づけた。
僕は正直ムッとした。僕の彼女ではないにしろ、しのぶにしゃぶらせようなんて。
僕はためらっているしのぶの手を取り、彼の肉棒を握らせた。
しのぶは一瞬ビックリしたが、そのまま高速で肉棒をさすらせる。
「ダメだよ、もっとゆっくり。」
彼は少し痛そうにそう言ったが、僕としのぶは思いきり擦る。
「あ、い、いくっ!」彼は宙に放出した。
彼はベッドへしのぶを寝かすと、乳房に貪りつき、またしのぶのあそこを愛撫した。
しのぶはその気はないようだったが、仕方なく彼のされるがままだった。
僕は彼の行為に腹が立っていたので、つい本棚から本を数冊倒した。
その音は意外にも大きく、しかも落ちた所に置いてあった花瓶まで、割ってしまった。
その音にびっくりして両親が目を覚ましたらしい。
2階へ上がってくる物音がする。慌てて2人は服をまとった。
「どうしたの?」「ううん、花瓶が倒れただけ」
そう言うしのぶと、少し興ざめした彼。この騒動が幸いしてか、彼は帰って行った。
当然、僕は部屋に残っている。しのぶは音楽を聴きながら、先ほどの彼との行為を思い出しているのだろう。
やがてしのぶの手が、乳房に触れた。
そしてもう一方の手は、しのぶのあそこにあてがわれた。
僕は隣りに座り込んで、その全てを眺めていた。
じのぶがジーンズを脱ぎ、タンクトップと下着姿になる。
グレーの下着は先ほどの行為で濡れたのが分かるほど染みていた。
その上から容赦なくしのぶの指が蠢く。
また乳房を包む手にも力が込められる。
小さな吐息が漏れた。
僕は我慢できずに、そっと彼女の乳首を刺激した。堅くなっていた。
よつんばいになり、お尻を高く持ち上げて、自分のあそこをさすりはじめるしのぶ。
僕は後ろからお尻を掴み、そそり立つムスコをしのぶのあそこに押し当てた。
濡れた下着の部分に、僕のムスコが食い込む。とても気持ちがいい。
しのぶは「何?」と声を出した。
僕はかまわず、思い切り突き上げる。何度も何度も・・・。
「いや、何?あっ、あ・・・」
しのぶの、何が起こっているのか分からない声とあえぎ声の中、僕は思いきり果てた。
白い僕の分身が、彼女のグレーの下着を汚した。
最高の心地よさだった。
正直、その後の事はあまり覚えていない。
ただ、何となく罪悪感があり、すぐにその場を離れてしまった。
後日、彼女にメールで「彼氏と楽しかった?」とメールしてみた。
返事には「あまり楽しくなかったよ。何かいろいろあった。」と書かれていた。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 透明人間になりたい, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。